2006年総まとめ

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

By 加奈子ファンさん

○16年ぶり地元開催のトマス杯&ユーバー杯、日本は男女ともベスト8に終わる。優勝は共に中国。

○東京でのIBF総会で、21点ラリーポイント制の正式採用を満場一致で決定。

○鹿児島県中総体の女子団体戦で、眉毛をそっていた選手が負けとされた件が報道され波紋を呼ぶ。

○近畿インターハイ、男子団体は埼玉栄二連覇、女子団体は青森山田三連覇。藤井瑞希選手は三冠達成。

○マドリードの世界選手権、男子単は林丹、女子単は謝杏芳が優勝。日本勢は女子複小椋/潮田組のベスト8が最高。

○ヨネックスオープンジャパン、男子複の坂本/池田組が日本勢16年ぶりベスト4。男子単は林丹、女子単は張寧が優勝。

○全日本総合、男子単は佐藤翔治選手が四連覇。女子単は廣瀬栄理子選手、男子複は坂本/池田、女子複は小椋/潮田。

○ドーハアジア大会、女子団体で20年ぶりの銀メダル。女子複の小椋/潮田組が銅。男子団体は敗者復活リーグで敗退。

○オグシオ旋風今年も!小椋久美子&潮田玲子両選手、来年からバドミントン選手初の全国CM出演決定。

○日本リーグ、男子は日本ユニシスが二年連続二度目、女子は三洋電機が五年連続十二度目の優勝。

加奈子ファンさんありがとうございます。2006年はラリーポイント制導入で色々なところで対応に追われたと思います。しかし、慣れるものですね。サービスポイント制を忘れそうにもなってきています。
メディアに「オグシオ」がよく取り上げられるようになってきました。「何とか金メダルを!」という皆さんの応援が実現されることを祈っています。
鳥インフルエンザの影響でシャトルコックの生産が問題視されていましたが、同じ番号なのに1ダース筒中で飛び方に差が感じられるようになってきたのは私の気のせいでしょうか…。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*