2008年総まとめ

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

By 加奈子ファンさん

○大阪インターナショナルチャレンジ、女子複でオグシオが初優勝。

○ジャカルタでのトマス杯・ユーバー杯、日本男子はベスト8、女子はまさかの全敗。

○埼玉インターハイ、男子団体は埼玉栄高校が4年連続5度目、女子は聖ウルスラ学院英智が2度目の優勝。和田周選手、松友美佐紀選手が3冠。

○北京五輪、女子複で「スエマエ」末綱・前田組が第1シードを破り、史上初の4強進出の快挙。他オグシオ8強、舛田・大束組8強など日本勢奮戦。

○ヨネックスオープンジャパン、田児賢一選手、舛田・大束組、スエマエが4強進出。

○元アジア女王米倉加奈子選手が引退。長く日本男子をリードした舛田圭太選手は代表引退。

○プネーでの世界ジュニア選手権、女子単の佐藤冴香選手が準優勝。

○五輪後の進路が注目されたオグシオは解散へ。バドミントンの人気拡大に大貢献、数々の感動をありがとう。

○全日本総合、女子複でオグシオがスエマエを破り五連覇で有終の美。男子単は史上最年少の田児賢一選手、女子は廣瀬栄理子選手、男子複は坂本・池田組。

○日本リーグ、男子はNTT東日本が2年連続17度目、女子は三洋電機が史上初の7年連続14度目の優勝。

加奈子ファンさんありがとうございます。北京オリンピック盛り上がりましたね。バドミントンの試合がライブで放送されたことでバドミントンのファン層も大 きく膨らんだと思います。「オグシオ」効果はその後も大きく、これからの活躍に期待したいと思います。男子のほうも若手が力をつけてきており4年後のオリ ンピックには期待が高まります。その頃はデジタル放送ですね(^^)。
しかし、不況のあおりで企業がスポーツ界から撤退しているところも多く、また、国としてのスポーツへの援助も他国に比べてまだまだだと感じます。外国から 見た日本選手は、仕事をしながら少ない練習時間で本当にがんばっているといわれています。バドミントンのレベル向上のためにもう少し国からの援助を期待し たいところです。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*