相手からのショットを待っている時には「リストスタンド(ラケットと上腕でVの字を作った状態)」をしておく、と言われることが多いですが、この 形で持続して強く固定すると上腕は緊張し、その緊張が肩関節にも影響を及ぼすと考えられます。スマッシュやハイクリア、強いリターンなどの瞬間的に強い力 を発揮させる場合は、その直前の筋肉はよりリラックスした状態が望ましいため、リストスタンドとはいつ行うのかということに疑問を感じます。

 

実際にトッププレーヤーを観察してみましても、それほど強くリストスタンドして構えている様子はありません。しかし、インパクト直前はリストスタンドができていて、ラケットヘッドが体の近く引き寄せられていました。

 

<ラケットをぎゅっと握っている場合>

上腕が緊張し、しかも面を変えることはほぼ不可能。また、それほどリストスタンドできない。

 

<ラケットを指先だけで支えている感じで握っている場合>

指先でラケットを支えるだけなので上腕はリラックス。指先でラケット面の向きを変えることも可能。リストスタンドの角度は大きい。

 

 

リラックスした状態を保つためには、リストスタンドを、指先でラケットヘッドを上げる動作も加えて行うことが大切です。手首だけで行うよりも速くラ ケットヘッドを上げることが可能になります。つまり、構えている時はそれほどラケットヘッドを上げる必要がなく、リラックスした状態をできるだけキープし ましょう。

Respond


*

ページ上へ