プレースタイルの変化

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

バドミントンも時代とともにかなりプレースタイルが変化してきました。昔は木のラケットが主流で、スイングなども大きくハイバックなども腕を大きく振って 飛ばしていました。そのうちにスチールのラケット(8デラックス)などが登場し、バドミントン界に旋風を引き起こしました。ハルトノなどが愛用し世界チャ ンピオンになったわけですね。
現在では、カーボンやチタンなど軽くて、弾力のあるものが採用されています。このためかなりショットに対するラケットワークが速くなりました。ラケット ワークが速くなると、当然速い球が打てるようになりますし、レシーブ力もあがります。したがって特にダブルスでは、昔のようにラリーを回すのではなく、バ ンバン打つようになってます。また、体よりも後ろでとっているのに、強いショットを相手コートの奥まで返す選手もいます。その中で勝っている選手というの は何が違うのかなあ...と最近考えています。やはりあとは精神力や緩急のある球回しと、正確なショットでしょうか。

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください