2001年度総まとめ

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

○イラン国際で関東一高・佐藤翔治選手が高校生初の国際大会制覇

○日本リーグ東西対抗オールスター戦開催、ウェストが勝利

○全国高校選抜で高岡工芸・劉志遠選手が単複制覇、留学生の全国大会個人戦優勝は史上初

○ヨネックスオープンジャパンで森かおり選手が日本人として14年ぶりにベスト4の快挙

○世界選手権女子単複で米倉加奈子選手、安城・中山ペアがそれぞれベスト8

○日本ランキングサーキットで7点5ゲーム制が国内初導入

○インターハイ男子団体戦で関東一高が三連覇達成、女子は青森山田が初優勝

○全日本総合、男子単は舛田圭太選手が四連覇、女子は森かおり選手が初優勝

○元五輪代表陣内貴美子さんが元巨人軍金石昭人氏と挙式、強盗を捕まえるハプニングも

○日本リーグ2001は男子はトナミ運輸初優勝、女子はヨネックスが13年ぶり

いよいよ7点5ゲーム制が導入されますね。また、中学生の水鳥球導入によりかなりレベルが上がっているように思えます。高校生でオリンピック選手なども夢 ではない時代になってきました。今年はバドミントンがTV放送される機会も増えると思います。いろいろな場面で盛り上がっていけるといいですね。

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください