2002年度総まとめ

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

○ヨネックスオープンジャパン、男子単で舛田圭太選手が日本勢20年ぶりのベスト4進出。

○中国広州でのIBF理事会で7点5ゲーム制は不採用に。

○トマス杯&ユーバー杯、日本は男子はアジア予選敗退、女子はファイナル進出するもグループリーグ敗退。

○全英オープンへの選手派遣を巡り、日バ内で不正が発覚。

○茨城インターハイ、男子団体で関東一が史上初の4連覇。池田雄一選手は三冠達成。女子は青森山田。

○釜山アジア大会、女子単で前回金の米倉加奈子選手は2連覇ならず。男子単はT・ヒダヤット、女子単は周蜜。

○日本リーグ男子強豪のYKK九州が今期限りで廃部。

○全日本総合、男子単は舛田圭太選手が32年ぶりの五連覇達成。女子単は19歳の小椋久美子選手。

○日本リーグ、男子はトナミ運輸が2年連続2度目、女子は三洋電機が2年ぶり8度目の優勝。

今年もいろいろありました。協会の不正があったり、20年ぶり、32年ぶりの快挙があったり…。若い世代は確実に進歩してますが、上層部はなんとも恥 ずかしい一年だったと感じられます。皆さんが思われているようにいよいよ世代交代が始まっているのでしょうね。
今年は実業団の廃部が多く、盛り下がりそうな気配がありますが、「バドミントンが好き」の気持ちを持って、乗り切っていきましょう!

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*