2003年度総まとめ

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

○迷走が続いたスコアリングシステム改定問題、旧ルールへの回帰でとりあえずの決着。

○蘭アイントホーベンでの世界国別対抗スディルマンカップ、日本は9位に終わる。優勝は韓国。

○ラケット販売で世界トップシェアのヨネックス社に独禁法違反の疑い。

○ヨネックスオープンジャパン、高校生の平山優選手がシングルス日本勢唯一の初戦突破。優勝は男子単がシャシュアンゼ、女子はカミラマーチン。

○桜内義男日バ会長が死去。後任は前衆院議長の綿貫民輔氏。

○7月のIBF理事会で、2006年のトマス杯&ユーバー杯の東京開催が決定。

○長崎インターハイ、男子団体は埼玉栄初優勝、関東一の5連覇阻止。女子は聖ウルスラ。三冠期待の平山選手は団体のみ。

○英バーミンガムでの世界選手権、女子複の山田青子・山本静香組が日本勢としては23年ぶりの4強進出。

○全日本総合、男子単は佐藤翔治選手が初優勝、舛田圭太選手の6連覇ならず。女子は森かおり選手が2年ぶり2度目。

○日本リーグ、男子はトナミ運輸が3年連続3度目、女子は三洋電機が2年連続9度目の優勝。

1年間いろいろとありましたが、やはり実業団の撤退が心に痛く感じます。「バドミントンをメジャーに」という目標を掲げていろんな人たちが、様々な形でがんばってますが、なかなかこの不況の影響は乗り越えることができません。バドミントンの連載漫画も始まったことですし、ここで一気に映画化!テレビ放映化!を目指したいですね。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*