2004年度総まとめ

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

○日本リーグ男女1部のベスト電器が経営方針の見直しで活動停止。

○ヨネックスオープンジャパン、男子単はR・スシロ、女子はM・アウディナが優勝。

○ジャカルタでのトマス杯&ユーバー杯、日本女子が3位、男子も20年ぶりに予選突破ベスト8。

○ジュニア世代の競技人口が増加。小・中学生の日バ登録会員数が15万人に。

○2006年のトマス杯&ユーバー杯の日本開催が正式調印。会場は仙台と東京に。 中国インターハイ、男子団体は関東一が二年ぶり五度目、女子は青森山田が二年ぶり三度目の優勝。

○アテネ五輪、日本勢は一勝のみに終わる。波乱の男子単はT・ヒダヤット、女子単は張寧が金メダル。

○バドミントンにも韓流?バルセロナ五輪金メダリスト朴柱奉氏が日本ナショナルチームヘッドコーチに就任。

○全日本総合、男子単は佐藤翔治選手が二年連続、女子は廣瀬栄理子選手が初優勝。女子複の小椋/潮田組は初優勝。

○日本リーグ、男子はトナミ運輸が4年連続4度目、女子は三洋電機が3年連続10度目の優勝。

この一年間は私にとって本当にいい勉強になった年でした。「勝ちたい人のために」をまとめることから始まり、バドミントンの専門的な知識を勉強すること で、人生を豊かに歩む上で全力で何事も取り組む姿勢の大切さ、その取り組みに正しい方向性をもたせるなど、スポーツを通して生き抜く力を養うことが重要で あることを考えさせられました。

今年度の高校生の試合はシード選手が立て続けに敗れるなど波乱含みでしたが、メインイベントともいうべき「インターハイ」の後、全日本ジュニア、国体と実 力どおりに力を発揮していたのは、やはり元(?)シード選手達でした。高校生の全国大会では、日韓対抗戦、ヨーロッパ遠征などの選考会も兼ねています。 「インターハイが終わった=引退」と言う言葉が少なからず聞かれますが、プロ選手でない高校生の選手には「引退」などはないと考えてます。日本を飛び出し て本当に強い選手達と試合ができるインターハイ後のチャンスにはあまり目が向けられていません。というよりも、そこを目的としているチームが少ないのでは ないかと思うのです。アテナオリンピックで日本勢は散々な結果に終わりました。目的のためにどのような方法を用いて強化したかはわかりませんが、この情報 化社会においてこの失敗は言い訳できません。バドミントンのメインイベントもオリンピックに移りつつある現在、4年後のオリンピックはまさに日本における バドミントン種目の存続をかけての正念場です。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
今話題の水素水家庭サーバー
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*