基本ストローク

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

基本ストローク練習

ただ単に基礎うちをするのではなく、ちょっと工夫や意識を持てば実に練習になるものです。どんな上級者でもこれは欠かせません。上級者の人もこれで今日の調子(やはり日によって体の調子は変わります)をみていると思います。
初心者の段階で重要なことは、正しい打ち方をしっかりと覚えることです。はじめはうまく飛ばないと思いますが、繰り返し練習することで必ず上達します。まずサービスやロビングを打てるようにならないと基本ストローク練習はできません。

 

基礎打ちの順番

体が温まるにはそれなりの時間がかかるので、私はこの順番でやると怪我防止にもなるのではないかと思います。

カット(交代)→ドライブ→プッシュ(交代)→クリア→スマッシュ(交代)→ネット(ヘアピン)

あまり力を入れないカットなどから始めるといいと思います。最初からクリアをするのは体にとってもよくないと思います。ネットはどこに入れてもいいと思います。

 

意識するところ

  • 全般
    半面で行っても必ずコーナーや相手の苦手なところを考え、常に試合を意識します。また、ストレートとクロスをしっかり打ち分けます。
  • カット
    打ったあとは必ずセンターに戻るようにし、フラットに当てて前に落とすドロップから、面を切って速く落とすカットまでいろいろと打ってみましょう。
    ロビングは高く相手のコート奥まで返す。このときも打ったあとはセンターよりに一歩下がるとよいです。ネット前にへばりついていると相手の速いカットが取りにくくなります。
  • ドライブ
    常にラケットを立てておくようにし、同じレベルでやっている場合や相手が上手な場合は甘い球や浮いた球が返ってくると攻め込んでいきましょう。逆に攻め込まれても少し下がってそれに耐えることでレシーブの練習になります。
    相手が初心者の場合は顔の辺りに正確に打つようにするとコントロールの練習にもなります。
  • プッシュ(レシーブ)
    ドライブと同じで常にラケットを立てておくようにし、リズムを取りながらやるといいと思います。足を少し開き、膝を少し曲げますが猫背にならないよう背筋 はある程度伸ばしておきます。プッシュ側が思いっきり打ったのではレシーブ側がとれないので、しっかり角度を調整して相手の膝あたりをねらいます。
    レシーブ側は、まず当てることが大事で、リラックスして構え、最初はタイミングだけを考えるといいと思います。少しできるようになってきたら、ネットの上 端の白いラインをねらって、プッシュをしている人がさわれる範囲を抜くよう鋭くレシーブしてみましょう。
  • クリア
    打つとセンターに戻ることが基本です。飛ばそう、飛ばそうと考えず、腕の運動を意識して、体全体を使って打ちます。ドリブンクリア(低いやつ)や高いハイクリア、また、ハイバックも練習します。
  • スマッシュ(リターン)
    角度、コースを特に意識します。コートの奥まで届くような足の長いスマッシュや、両足でジャンプしながら打ってみたり、相手の肩口をねらったり、カットスマッシュなども混ぜてみます。
    レシーブはしっかり奥まで返すことが大事ですが、少し低めに返して相手の次のスマッシュをしっかり取るようなこともすれば練習になると思います。相手が初 心者の場合は甘めに上げてどんどん打たせてあげましょう。打ちやすいところに返すのもコントロールの練習です。
    バックハンド側で構えているとき、利き手の方にくると取りにくいのですが、しっかりと体重を移動してまず当てることからはじめ、次にラケット面を意識すれ ば必ず返るようになると思います。ここは慣れも必要なので、スマッシュをそこに集めてもらうのもいいかもしれません。
  • ネット(ヘアピン)
    集中力が必要になります。特にゲームを意識してやりましょう。ネット前にへばりつかないようにし、常に一歩出して行うようにすると、手と足のタイミングが身に付くと思います。
  • ロビング
    足とインパクトのタイミングが非常に重要で、足をついてから手だけで打つとタイミングによっては甘くなったり低くなったりと制球が難しくなります。しっかりと足をシャトルに近づけ、できるだけ安定した上半身とともに打ち出しましょう。ロビング上げるために上半身を上げていくのではなく、逆に上半身を少し下げるようなイメージで打つと腕を挙上する速度が上がります。それに伴いラケットスピードが上がればシャトルスピードも上がり、より高く、しかも一瞬で相手を追い込む事もできます。

 

壁打ち

皆さんも一度はやったことがあると思いますが、「壁打ち」はすばらしい練習方法です。壁に打ち出した球はすべて返って きますし、打ち出し方によって返球もいろいろな種類が来るからです。また、時にはスピンしながら返ってきてコルクに当てることが難しくなる場合もありま す。
しかし、すべては自分から出した球そのままの返球です。特に木の壁はいろいろな表情を持っており、極端にサイドや下のほうにも返球します。その返球にあわ せ てしっかりと地に足を着け次の準備動作をしなければなりませんし、力んではコントロールすることができません。またラケットの中央にコルクをしっかり当て ることが大切なので、周辺視ではなく中心視が大切になります。
「どうすればコントロールできるのか」をじっと考えながら壁打ちを繰り返すと、ラリーが長くなっていることに気づくでしょう。

 

各ストロークの紹介

ハイクリアスマッシュカットサイドハンドレシーブハイバックドライブネットロビングサービスサービスレシーブ

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!