ドライブ

記事を共有するShare on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

このショットはダブルスには欠かせないショットです。ラケットを立てて、体の前に壁を作り、いつも体と羽の距離を同じくらいのところで打つと力が入りやすくなります。このショットの有効な点はラリーの主導権を握る、攻勢を維持するところにあります。そのためには相手の返球の癖を読むか、返球させるところを 限定させるような、相手の待ってない方向へ打つことが大事です。ショットをコントロールするためには上半身に力が入るとうまくいきません。背筋を立てリ ラックスした状態で「ラリーをつなげる」ようなイメージで羽を待つことが大切です。頭の位置をあまりずらさず、重心を崩さないよう、次のショットへの態勢 を維持しましょう。打った後ラケットヘッドが下がっていると返球への対応が遅れます。ラケットヘッドは上げておくように心がけましょう。

 

基本的なドライブ フォアハンド側

(正面から)

(横から)

ラケットを上げて構えてます。背筋を伸ばしリラックスした状態を作ります。

ラケットヘッドに意識を置き、右足を少し出したり、下げたりしながらシャトルを触りやすい位置に体を移動しています。

フォロースルー後はすぐに次の準備に入れるよう、リストスタンドしてラケットヘッドへの意識を保ちます。

 

基本的なドライブ バックハンド側

(正面から)

(横から)

バックハンド側に来た球に対して、左足に体重を移動しながら打っていきます(距離があれば右足を出していきます)。

ラケットを立てて引き準備動作。体は地面に対して垂直。リラックスしています。

ラケットをできるだけ縦方向へ振り抜き、打った後肘が上がらないように気をつけます。
インパクトはラケット角度を維持しています。

インパクト。フォロースルーでもわかるように、ラケットの面は返ってます。回外運動をしているためです。

記事を共有するShare on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*