ネット(ヘアピン)

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

なかなか簡単そうで、奥の深いストロークです。できるだけ背筋を伸ばし、足を入れないとなかなかうまく入りません。シングルスでは、このショットと処理で大きく勝敗が分かれます。より高い位置でとるのは基本ですが、スピンがかかっているとそうもいきません。羽の回転をよく見極め、シャトルのコルクを当てられるように意識します。

また、手と足のタイミングに気を付けます。手だけ、足だけでもうまくいかないので、ほぼ同時に入れるくらいがいいでしょう。あとは練習を積み重ねて自信をつけ、リラックスした状態でインパクトすることが大切です。

ネットは相手にとって、見せるショットです。ラケット面を見せながら、シャトルに対するコンタクト方法を工夫すると面白いショットが打ち分けれます。

例) コルクから羽を触って打つセカンドコンタクトを利用したネットとロブやコルクと羽を同時に打つサイマルテニアスなロブなど

 

フォアハンド側の例

バックハンド側の例

より高い位置で早く触る事ももちろん大切ですが、ネットかロブかをわかりにくく打ち分ける事で相手をネット前へ移動させない事も可能です。

ネットよりも浮かないように、もしくはネットよりも大きく相手コートに行かないように気をつけます(もちろん戦術上そういうショットを使う事もあります)。

右足を大きく振り出しインパクト

膝は135度くらいを意識

肘は伸ばし切らないように

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
今話題の水素水家庭サーバー
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*