サービス

記事を共有するShare on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

バドミントンのサービスは、拘束が多く、なかなか攻撃的なサーブは打てないのですが、最近はルールの改正などによって若干、攻撃的なサービスが打てうるようになりました。今までは打点が腰よりも下でなくてはだめだったものが、“きをつけ”をした状態での肘の高さになりました。つまり打点が若干上がったということです。
シングルスのサーブは、ロングハイサービス、ショートサービスを使いますが、基本はロングハイサービスだと思います。より高く、コート奥まで打つことで、相手からの返球の勢いを少なくし、そこからの羽の種類も限定できるからです。

  • より高く打つ
    羽が垂直に近くなって落ちてくるので、当たった瞬間羽→コルクの順に当たるため勢いが少なくなる
  • より奥まで打つ
    返ってくるまでの距離が長くなるので、羽の勢いが少なくなり、相手のショットも読みやすくなる

ダブルスのサービスでは、多くの人がバックハンドサービスを使います。体の前で打つことが出きるのでさほど難しい技術はいりません。また、サーブ直後の プッシュに速く対応でき、ロングかショートかを見分けにくく打てます。しかし、フォアハンドサーブでも沈めることができればバックハンド以上に有効なサー ブになると思います。

基本的には
・上腕の外旋運動:肩から肘の部分が、外側に回転する運動
・前腕の回外運動:肘から先の部分が、外側に回転する運動
を使います。

 

ショートサービスの例

記事を共有するShare on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*