サービスレシーブ

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

サービスに対する攻撃はできるだけ厳しいものにしないと、逆の攻められてしまいます。ショートサービスを打たれたときはプッシュし、ロングサービスできたときは スマッシュするのが理想でしょう。相手の癖(ショートかロングか、ストレートかクロスか)を読むのもひとつですし、打つタイミングをはかるのもひとつの方 法だと思います。

 

サービスレシーブの例

This movie requires Flash Player 9

右利きなら基本的に左足を前に構えます。

相手が打った瞬間、右足で床を蹴り、左足を前へ大きく振り出します。

もしくは左足を少し引くように体を回旋させて、右足を前に振り出します。

ラケットを立てて打ちに行きます。ラケットが寝ているとショットが読まれやすいので出来るだけ立てましょう。

グリップは状況に応じて持ち替えます。

できるだけ高い位置で打ちます。ただし、故意に打点を下げて相手を前へ誘うこともあります。

インパクト時はラケットをねじったりしてコースを変えることもできます。できるだけ体が伸びきらないようにします。

 

サービスレシーブの例(ロングサービス)

This movie requires Flash Player 9

今度は左足を軸に右足を引いて体勢を後ろへ傾けます。ジャンプで飛びつければいいですが、打った後の体勢が悪くなりそうな場合は飛ばずにシャトルの後ろへ走りこみます。

ワンステップ入れてタイミングを調整することもあります落下位置をいち早く感じとらなければなりません。

ジャンプする場合、後に行く力を、今度は右足で上への力へと変えています。この時にはラケットを上げて準備が始まっています。

インパクト後、右足と左足を入れ替えてます。(入れ替えず右足後ろでもOKです。)

左足でしっかりと着地し、前へ出るために右足を前へ蹴り出していきます。

 

サービスプッシュの例(ロングサービス)

This movie requires Flash Player 9

左足で床を蹴り、体を後ろへ移動させます。

左足を後に交差させて、ステップを踏む準備です。

体をいっぱいにひねり、肘の位置は高くします。

インパクト後、左足は残しておき、前へ戻る準備をしています。

右足でしっかりと止まります。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*