シングルス ー ノック練習

記事を共有するShare on Facebook2Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

スマッシュ・プッシュ

後ろからスマッシュ、前ではプッシュをします。最初はストレートで、次にクロスで行います。スマッシュを打ったあと、体勢を崩さずに前へ走ることが重要です。前はできるだけプッシュをするよう心がけます。逆方向も行います。
この練習のパターンはシングルスのゲーム中必ず起こります。

 

 

カウンタースマッシュ

チャンスの球を逃さないスマッシュの練習です。サイド方向にはワンジャンプで移動します。フォア側には右足で、バック側には左足で飛びます。ノッカーは少し低めに出します。この練習で攻撃力が大きくなります。特にクロススマッシュは相手にわかりにくいのでマスターすれば攻撃の要球として使えます。

 

 

リターン

台上からスマッシュを打ちリターンします。なれてくればカット、ドライブ、クリアも入れます。シングルスではボディーアタックも効くので、体もねらいます。
ノックを受ける人は、ネット前に置くかコート奥までストレートやクロスでリターンしましょう。ドライブで切り返すのもいいかもしれません。

 

 

追い込まれた状態を作るレシーブ

ノッカーは手投げで行い、受ける人は必ずセンターから動いてリターンします。図はバックハンドですが、フォア側も行います。リターンはストレート、クロス の前や奥をねらいます。バックハンド側は難しいですが、これが打てるように(かわせるように)なれば、自信がつきリラックスした状態でプレーできるように なります。

 

 

追い込まれた状態を作る パート2

ノッカーは手投げで行い、受ける人は必ずセンターから動いてリターンします。リターンはストレート、クロスのハーフ位置や奥をねらいます。
ノッカーは2箇所に投げ分けるようにします。
プレーヤーはしっかりと足を出し、羽にできるだけ近づけるように動きます。
また、打った後のバランスも大切です。

 

連続スマッシュ

①からスマッシュ、②でカウンタースマッシュを打って、③前でプッシュするのを繰り返します。このようなパターンは1と2でクロススマッシュを打つと、シングルスでもよく起こると思います。リズムよくフットワークを使い攻めきりましょう。
逆回りもします。

 

 

手投げフリーノック

ノッカーは手で投げてノックします。できるだけ入っている人を速く動かすようにし、ボディーなども狙います。ディセプション(フェイント)を使ってうまく動かしましょう。

This movie requires Flash Player 9

 

ネット・プッシュ

ネットして、一度下がり、せかさずプッシュする練習です。
羽は右図のように、ネットに引っ掛けます。
フットワークを使って一歩で動くようにジャンプ、ジャンプ、ジャンプ(プッシュ)します。
フォア側、バック側両方やりましょう。着地時の膝の角度(135度)に注意します。

 

スクワットネット

ノッカーは2人で手投げでネット前に投げます。受ける人は左右交互にネットをするだけですが、センターに返った時にスクワットをします。そこから一歩で前にジャンプしてネットを置きます。
脚力強化、およびそのような状態でもネットを入れるという集中力を磨く練習でもあります。

 

 

スピンネットレシーブ

受ける人はロブを上げるだけですが、ノッカーは指で羽を弾いて回転させ、スピンネットをつくります。ロブを上げる人は羽の回転が止まるまで待って下から上げるか、回転中の羽でも上げれる形を見計らってあげるようにします。
センターポジションから動くようにしましょう。もちろんバック側もやります。

 

記事を共有するShare on Facebook2Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*