Q.30 オーバーヘッドストロークの打点の位置について(高3)

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

こんにちは。バドミントンを高校から始めた高校3年です。スマッシュやクリアなどのオーバーヘッドストロークの打点の位置についてなんですが、自分 の部活の仲間で頭の真上で打つんじゃなく肩の真上あたりで打っている仲間がいるんですが、実際は肩の真上で打つ方がいいんでしょうか?
ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

(E.Tさん)

 

肩関節で最も力の発揮できる位置を「ゼロポジション」といい、肩の高さよりも肘を水平位に対して20度ほど挙げた位置になります。
つまり、腕が耳に触るくらい肘を挙げるのは“挙げすぎ”ているということになります。
ゼロポジションを意識してインパクトすると、シャトルはほぼ肩の上辺りになるかと思います。特にフォアハンドではその位置を意識するのがよろしいかと思います。

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください