Q.239 腕だけで打ちがちです

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

オーバーヘッドストロークを腕だけで打ちがちです。手首をうまく使えません。どうしても素振りと違った動きで打ってしまいます。
どのようにして直していけばよいでしょうか……。

(すーさん)

 

特にオーバーヘッドからのラケット動作からは、“重力を使って打つ”というイメージが大切です。したがいまして手首をうまく使うというよりもお腹の辺り(丹田)の重たさを地面に落とし、そのつながりで上肢を振り下ろすというようにすると、小手先で打つということは少なくなるかもしれません。ラケットの先の方に意識が向くとタイミングもずれてしまうことが多いので、お腹から、出来れば肩甲骨の辺りを意識することで本来の自然な腕の振りに戻り、素振りに近づくと思われます。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*