Q.250 オーバーヘッドストロークとボール投げ(中学生)

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

中学校のコーチをしています。ほとんどの生徒が初心者でオーバーヘッドストロークを教える時、ボールを投げるようと教えてもなかなかうまくいきません。良い教え方があればご指導ください。

(中学校のコーチさん)

投げ方を教えても、細かいところに意識がいき過ぎるためかえってぎくしゃくするかもしれません。まずは、投げるという動作に遊びが入ることが望ましいと思います。例えば柔らかい庭球ボールで当て合いをしてみたり、的を狙ってみたり、動作よりも狙って投げる面白さを味わわせてみてはいかがでしょうか。

また、シャトルの筒にシャトルを入れて、シャトルの筒を振り出しながらシャトルを飛ばすような遊びもよく行われているようです。さらに、そのシャトルの筒自体を遠くに投げるという遊びもありますのでご参考になさってください。

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください