Q.272 最初の一歩

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

高校始めで現在2年目です。
相手が打って来たシャトルに対して、最短ルートでいくことができません。また、相手の返球が速いとどうしても最初の一歩がシャトルと違う方向に出てしまいます。
何か効果的な方法はないですか?

(藤岡太郎さん)

A. 相手のシャトルに対して、早く対応しようとしすぎると、相手の誘いに反応してしまい逆方向に動かされることがあります。バドミントンは相手が打つのを予測することはいいのですが、シャトルが打たれてから遅れて動かなければならないスポーツだと思ってください。

私が心がけているのはシャトルに対してラケットから出していくのではなく、胸の中央部分をシャトルに対して寄せていくイメージで行うと足がついてきます。動こう動こうと必死になるのではなく、体の胸や腹、肩などをシャトルに寄せていくように心がけてみてください。いい意識ポイントが見つかると思います。

また、相手に向かっていくシャトルを目で追っていては、反応が遅れます。打ち出したシャトルよりも相手の顔やラケットあたりを注視するとショットのタイミングが読めるようになります。その辺りを試してみてくださいね!

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください