<< November/2018
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>
 テスト期間からの練習不足で生徒たちは動けないことにそわそわしているようですが、休み期間、体力的に落ちていることもあるかと思いますが、動けない原因はそれだけでなく、ほとんどの場合はショットの感覚が鈍っていることだろうと考えています。バドミントンにはとても繊細な感覚が必要だと思っていて、例えばピアノなどの楽器を弾くこととも近いものがあるとも考えています。ラケットを握って操作する感覚は家にいても磨けるものなのでその辺りを本気で考えている人はちゃんとやっています。方法は色々とありますが。
 先週末は久しぶりに弟君と組んでダブルスの大会に出てきました。初めての大会だったのもあり、知っている人も少ないというなんともアウェーは雰囲気があり、それを経験するための試合とも弟君は話していました。さすがシニアチャンピオン!試合形式はすべて1ゲームという、出足からかなりの緊張で、サーブは浮くわ、プッシュは出るわで訳の分からない展開で始まりました。相手も緊張していたらしく、同じようなエラーのやりとりで接戦に(笑)。終盤に入り、ようやくサービスが安定してきました。そのおかげもあって4点すっとリードできて逃げ切りました。そのあとはリーグ戦を1位で抜け、決勝戦も相手がフレッシュな感じだったのでいやらしい球も少なく、リードのまま逃げ切り、優勝商品のメロンをゲットしました!(^^)その中で、ミックスダブルスで出場していたある男性は、異様にサービスが安定していて、オーバーヘッドからはしっかりと強く弱く、角度もつけたり、奥まであげたりと、目を見張るプレーをしていました。リーグが違ったので対戦できませんでしたが、その人のプレーをじっくりとみて学ばさせていただきました。こういうオープン大会には色々な人が出てくるのでまた違った面白さがあるなとも思いました。あまり休みは取れませんが、学校の定期考査が重なる時は出場したいと思います。

 ある人から聞いて調べてみたのですが、2021年にワールドマスターズという大会が関西で行われるのですね。もちろんバドミントンも開催種目に入っているのですが、30歳以上であると誰でも参加できるそうです。海外の人とも試合ができるのならば是非出てみたいと思っています。参加制限がかかりませんように…。

| こーち日記 | comments (14) | trackback (0) |
テストも終わりバランスディスクを練習に導入しようと体育館で生徒に紹介しました。初めての人もいて力で倒れないようにブルッブルに揺れながら乗っていました。どこまで生徒が面白がってやってくれるかわかりませんが、難易度を設定しながらステップアップドリルのようにやってみたいと思っています。そもそもなぜやってみようかと思ったのか。辻秀一先生の話をyoutubeなどでもう一度おさらいしたいと探していたところ、相武台脳神経外科、加藤貴弘先生の

チャンネルS

というチャンネルを見つけました。この先生も医者にかからない医療を目指すという、まさに「ガンは治る、ガンは治せるー生命の自然治癒力」という著書の趣旨に合うような考え方の持ち主でした。この方の対談は辻先生はもちろん、「神様はバリにいる」という映画で大ファンになったバリの兄貴こと丸尾孝俊さんとの対談も収められていました。その中に「Backboneバランス教室」を展開されている山口創太先生との対談動画に心躍りました。

「体幹トレーニングをしてもバランスは良くならない」

筋力はつきますが、肝心の体のバランス力は向上しないというお話でした。私も筋力トレーニング推進派ではないのでまさにこれこれ!とずっと思い、かれこれ10数年はそのようなトレーニングをじわ//&//#12316;っと(やってないことも多いですが)続けてます。バランスが保てないとまずシャトルへ移動するときに直線で行けない、シャトルに追いついたとしても体勢の回復に力が使われて肝心のショットが乱れる、打った後の体勢も悪く、常に相手に先手を取られてしまう、というバドミントンでは致命的な部分です。

バドミントンで得点するためには相手のバランスをどう奪うかが鍵になってきます。ディセプション、コントロール、ショットの組み合わせ、強打、緩急、フットワークのスピード、読み、駆け引きなど様々な方法で”軸を取り”に仕掛けていきますが、バランスがブレても早く戻せられれば大怪我はしません。なかなか見えない部分なので意識しにくいのですが、わかっている人はわかっている部分です。バランスが良くなれば姿勢も良くなり、気持ちにも余裕が出てくるものです。体から心に作用させるいい方法だと思っています。姿勢を良くして世界を広く眺めましょう!

| こーち日記 | comments (0) | trackback (0) |
 二週連続平日の夜に奈良の社会人の練習に参加させてもらいました。そこではくじ引きでペアが決まり、勝ったら上番号のコートへ、負けたら下番号のコートへという、私の学校でも採用していた練習試合形式のものでした。合計で7から8ゲーム入れるのですが、最初の2、3ゲームは調子が良いのですが、後半部分に入ると足が止まってくるのがはっきりとわかり、ロングサービスに煽られ、スマッシュは前で切り返され、ロビングなどもアウトにしてしまい、前衛では当て遅れるという、エラー原因を絞るにも多すぎてなにやらわからんという状態になってしまいました。季節の変わり目で気温も下がっていて、体が熱くなるまでも粘れずに少し寒い…というなんとも不甲斐ない状態でした。シニアまであと2ヶ月というところですが、果たしてこの調整や如何に…という感じですね。練習場所の確保に右往左往している状態ですし。まあ、ともかく「今に生きる」「有難い」「一所懸命が楽しい」を常に心で唱えながら、認知脳がいろいろな事象にレッテルを張りまくることに囚われないように「上機嫌の価値を得られるように」を意識して生きています。
 台風が北上してきていて、本州を縦断するような予想も出ています。教室では「前の台風の影響で家の方の修繕や対策は大丈夫ですか?」と聞いてはいますが、ぽかんとしてる様子で「ただ休みになってほしい」というそれだけが希望とも取れる雰囲気に「そんなに学校って辛くて面白くないのかな」と少し悲しくなってしまいます。学ぶ喜びは皆体験して知っているはずなのに、目の前の進路への不安が先立って身動きが取れていないようにも思えます。

「本当は何が起こっても大丈夫なんだけど」

と呟きそうになりますが、先生がそう言ったから流される〜と人のせいにしそうな雰囲気もあるのでそんな「本当」のことは言いません(笑)その辺りは自ら学んで、つかみ取ってくださいということです。中には大学入試の要項が届きました〜と言いながら「どうすればいいんですか?」などと聞いてくる人もいるので、「どうすればいいかはまずよく読んでから、また聞いてね」と手順のみを言っています。自分の人生の選択を安易な気持ちで人を頼ってくるので、「それだけはご勘弁を。私はあなたの人生を生きられないからね。」というメッセージを暗に含めています。その辺り私は非常に冷静に眺めているので「なんで自分で行動しないんだッ!!君の人生だろッ!!」なんてことを強く説教する気は全くありません。言ったところで変えられないしね。自分を変えられるのは自分だけです。

 そんな3年生達を担任しながら、もはや心の向くままふわふわしています。「頑張らない」、でも「一生懸命やる」というそんな感じで生徒と向き合っています。好き嫌いはあるでしょうがそれは人間同士あって当然。人にそういったレッテルを貼ったことに縛られないように上機嫌を保ちましょう。

| こーち日記 | comments (0) | trackback (0) |
辻秀一先生の”フロー”セミナーに参加してきました。始発で東京まで行きました。雨の中の銀杏並木道を散歩した後、会場に入りました。2000年に発売された著書「スラムダンク勝利学」を読んでから私の本当の”勉強”が始まったわけですが、その著者である辻先生にお会いできるののこれも本当に何かの縁でした。色々なことで頭を打つ中、何か自分を変える道はないものかと探し回っていたところのセミナーの発見。申し込んでももはや満員だろうと諦めていましたが参加できることになりました。最近の著書こそ読んでいませんでしたが、それも含めて勉強しようという気持ちで、頭を空っぽにして臨みました。

内容は今では動画などでも上がっているのでそちらを参考になさればいいと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=9Axuh6GiDuw/&/t=6s

ただし、直接話を聞くことで先生の理論の感情的な部分が直に伝わってきて、ただ本を読んだり動画を見たりすることよりも「有田さんは…」と名前を呼ばれたことに対して話の内容が一気に体に入ってくる感じがしました。何はともあれ先生の声は大きい!自分のメモにこんなことを書いておきましたが、後ほど動画を見てみるとやはり意図して大きな声で話されていたようでした。そういうところも「機嫌」が良くなる方へ良くなる方へと自分をコントロールされているようです。ほんの小さな日々の心がけをどれだけ続けられるか、それがもはや自動的になるまで繰り返されているかどうか、座禅を組んだり瞑想をしたりはされないということでしたが、日々の心がけでメンタルをコントロールし続けるのは、「立禅」や「歩禅」そのものだと感じました。
 先生も今でも常に心をコントロールしておられるというところの非常に親近感が湧き、これからの日々の実践を共にしていこうと心に決めたセミナーでした。帰宅後、話を少し矢印やイラストなどでA3の紙にまとめる作業をしてみるとちょうど2枚分になりました。翌日は仲間と夜のミーティング(飲み!)があったので、そのまとめた紙を持参して少しだけお話を聞いてもらいました。(少しでないかも笑)

先生の常につぶいている言葉

「嫌なら辞めろよ、自分」

という言葉も心屋仁之助さんの教えと合致することろもあり、全ては同じ方向に進んでいくんだなと自分の方向性に不安感がなくなりました。ともかく、これからは上機嫌で何事も向かっていく工夫をしていきます。

| こーち日記 | comments (0) | trackback (0) |
台風が去り一気に秋が進みましたが、札幌の方より「札幌は地震の後の停電と断水に見舞われ学校も休み、勿論バドミントンの練習など出来ずに揺れに怯えて過ごす日々です。」とご連絡をいただきました。私も大阪北部の地震の際に経験しましたが、テレビなどを見て大阪以上の大変な被害と知りご心労が心配されます。山肌が見えた映像にはかなりショックを受けました。「募金」での援助しかできていませんが 、こういう時にもっと何かできないか、迅速に行動できないか、縛られるものを解き放てないか…、ウジウジしている自分がいます。「行くぞ〜!」と組織でならんものなんかな…。自分たちの地域で精一杯か…。

今週末はあの「スラムダンク勝利学」著者、辻秀一先生のセミナーに行きます。フロー理論についてです。チクセントミハイ氏のフロー理論についての本も読みましたが、やはりいまひとつ入ってなく、このセミナーには頭を空っぽにして参加したいと思っています。バドミントンのプレー中にもフローいわゆる「ゾーン」に入ると表現されますが、なかなか体験できるものではありません。私も「これだったのかな?」と思われる体験はありますが、非常に心地よいものでありました。目では見えない、もっと深い世界がスポーツや様々なことに影響していると思うとそのあたりをもっと知りたくなってきます。「ゾーンに入る方法!」を掴みたいです(笑)。

| こーち日記 | comments (0) | trackback (0) |

SPONSOR
言語-Language
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
久しぶりに組んで出た
└ oksusrfMuh(11/19)
└ MiKhealawalt(11/18)
└ Lit(11/16)
└ Davidgoppy(11/16)
└ pontGeX(11/16)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
OTHER
こーち [Admin]
RSS 1.0
処理時間 0.10542秒
Script:BLOGN/Skin:vivid*face


  PAGETOP  BACK>