2010年総まとめ

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

○第100回の伝統の全英オープンで田児賢一選手が日本男子44年ぶり決勝進出の快挙。惜しくも準優勝
○メキシコでの国別対抗の世界ジュニア選手権団体で日本は五位。女子単で松尾美佐紀選手が準優勝
○クアラルンプールでのトマス杯・ユーバー杯、日本は男女とも銅メダルの健闘、男子のメダル獲得は31年ぶり
○活躍期待のイケシオが日本ランキングサーキットの混合で8ヶ月ぶりの復活優勝
○沖縄インターハイ、男子団体は埼玉栄が6年連続7度目、女子は聖ウルスラ学院英智が3度目の優勝
○ヨネックスオープンジャパン、女子複でスエマエがベスト4、男子単では佐々木翔選手がT.ヒダヤットを倒す金星
○パリでの世界選手権、山田和司選手が日本男子30年ぶりのベスト8進出
○広州でのアジア大会、団体男子は準々決勝敗退、女子はまさかの初戦敗退、個人戦では女子単の廣瀬栄理子選手が銅メダル
○全日本総合、男子単は田児賢一選手、女子複は廣瀬栄理子選手が各三連覇、男子複は平田・橋本組、女子複はスエマエが悲願の初優勝
○日本リーグ、日本ユニシスが史上初の男女アベック優勝。男子は2年連続四度目、女子は初。三洋電機の9連覇はならず。

 

加奈子ファンさん、いつもありがとうございます。

全英オープンでの銀メダル、トマス・ユーバー杯での男女銅メダルは本当に驚きました。日本男子のレベルも確実 に上がってきていると思います。世界トップレベルの男子ではリンダン選手、リーチョンウェイ選手、女子では中国選手に勝つことができるかが今後の課題なの でしょうね。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*