カット(スライスドショット)

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

後ろからネット前に落とすショットです。ラケットの面で切るように速く落とすのがカット、ラケットの面をフラットに当てて、より手前に落とすのがドロップ ショットと呼びます。シャトルのコルクに当ててから羽の部分に当てる方法と、羽とコルクを同時に当てる(サイマルテニアス)方法などがあります。スマッシュかハイクリアを打つと見せかけて落とすこ とが大切ですが、この時に野球でいう「カーブ」でカットを打ち、「チェンジアップ」の要領で手首を使うと「ドロップ」がうまくいきます。もちろん羽の下へ の入り方と、フォームの勢いは大切です。体勢が崩れてしまってからのカットほど、効果のないショットはありません。この時には必ずリスト・スタンドを90 から110度に固定することが大切です。

 

基本的なカットの例

(正面から)

(横から)

できるだけハイクリアやスマッシュと同じようなフォームを心がけます。

左手でバランスを取りながら下がります。

ほかのショットと同じように肘から先に出していきます。

インパクト、一番難しいところです。手首で力を調整します。

また、打つ瞬間に力を抜くということは非常に技術力が必要ですので、「強い球を打てる体勢」を如何に作るかをまず初めは意識してください。

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください