ダブルス ー ゲーム練習

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

サーブを限定したゲーム

必ずショートサーブ、またはロングサーブから始めるようにします。ショートサーブからだとサーブプッシュ、サーブプッシュレシーブなど最初の3本の練習になります。ロングサーブからだとそのサ-ブの処理やレシーブの練習になりますね。

 

半面トップアンドバックのゲーム

半面で行います。前衛の人は羽を前で取るように常に構えておきます。このゲームはスピードを養います。しかし、顔にくることもあるので注意してください。

 

 

 

2対1のゲーム

1は半面で行います。2は片方のコートに球を集中させます。うまくローテーションして1を攻めましょう。1はいろんなレシーブで2をかわします。

 

 

 

5点ゲーム

ラリーポイント5点ゲームを繰り返し行います。ダブルスではあっという間に5点はいることがあります。しかしそれで勝負が左右されることも多いのです。

 

場所を限定したゲーム

コートの場所を制限して行います。のところでゲームをします。
サーブはショート、ロングどちらでもOK。ネットインは有効というルールでやります。上げるにしても大きく上げれないので、上げるとすぐに構える練習にも なりますし、逆に上げないで沈めあう練習にもなります。ダブルスではとてもいい練習方法だと思ってます。

 

 

コートに差をつけたゲーム

コートの範囲に差をつけてダブルスの練習を行いました。試合ではいろいろなペアーが存在します。ひとりがあまり上手でない場合もありますし、センターコー スがよく決まることもあります。今回は、赤チームは全面ですが、青チームは半面が「イン」になります。
青チームは片方の人に攻めが集中するようになります。その中で如何に攻撃していくか、センターを如何に守るかが課題となると思います。
赤チームは返す場所が決まっていますので、タイミングをはずしたり、緩急をつけたり、時にはドライブ勝負を挑んだりとラリーに変化が必要になると思います。
注意することは、青チームは、半面の中に2人とも入ってしまい、動きが取れなくなってしまうことです。あくまでも全面でプレーしているように自然に位置取りをしましょう。

 

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
今話題の水素水家庭サーバー
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*