Q.122 小学生への指導

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

4月から小学生にバドミントンを教えています。
ロングハイサービスを打てない子が多く、どうすればいいか困っています。
とりあえず、「ショートサービスを打たせればいいじゃないか」という議論は置いておいて、ロングサービスを奥まで飛ばせるにはどのように指導すればいいでしょうか。
小学生にどう言って教えてやればいいか、というところも何かいい知恵をお貸しください。

(じぇふ・ぽーかろさん)

 

ロングサービスは「上げよう」「強く」と意識すればするほど「手打ち」の状態になりやすく、良いインパクトができないことがあります。

イメージとしては「ラケットを振り抜くこと」が大切かと思います。その時に、半身から正 面へと体を反転させる時、おへそをぐいっと前へ出しながら打つと、ラケットが後から出てきて大きい、強いインパクトが得られます。

まず、奥まで高く飛ばすことが大切です。コースに関しては練習していけば感覚をつかめると思います。

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Print this page
Print
Email this to someone
email

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください