Q.257 ショット撫でて打ってる

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

部活でよく友達にシャトルをほぼすべてのショット撫でてうってるといわれました。直そうとしますがかわりません、どうすればいいですか?

(ヤスさん)


A.「撫でて打っている」と表現されるショットをイメージしてみると、シャトルが打ち出したい方向よりも少し上めに出ていて、ラケット面も縦方向に切れているような状態でしょうか。

打つ時におそらく余計な力が入っており、シャトルインパクト時に振り切れていないことからそのようになると考えられます。「打ち方」に拘るのではなく、インパクトの「音」のみに意識を集中させると次第に自然な打ち方に戻っていくと思われます。ただし、打った後のショットがどこへ行ったかという評価は最初はしないようにしなければなりません。その○×評価がまた打ち方を萎縮させてしまうかもしれません。

イメージする音をまず上手な人のショットから聞いてみて、その音に近づける、または自分が打っていて力まずに気持ちのいい音が出せた時をお手本として繰り返し打ってみることが大切かと思います。

音と体の感覚に集中してできる環境を整えてやってみてください。

 

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*