リアクションステップ(ダブルス)

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone

シングルスにおいてリアクションステップを 使い移動する事が重要ですが、ダブルスにおいても同じように大切であることに気付いている人はそう多くないと思います(無意識にできている場合もあります が)。特 に、「前衛で相手からのシャトルに反応できない」「自分のペアからのスマッシュを返球されると次、反応できない」など、日頃感じている人は多いと思いま す。

 

「なぜ、反応できないのか」

1.相手コートに近づきすぎてシャトルのスピードに反応できない
2.相手の打ち方にうまく騙される
3.相手と自分のペアのタイミングに合わす事ができていない

などが原因として考えられます。
1については位置取りの仕方(プレーイングポジション)、2はシャトルから目を離さない、などが大切です。3のタイミングという観点から考えると、相手が 打つ前にステップを入れタイミングを取ることが大切ですが、ダブルスでは自分が打たない場合があります。自分が打った後なら、タイミングを取りながらス テップを踏むことは多いと思いますが、ペアが打つときにタイミングを取れていないこ とが多いのです。動画は ダブルスの1ラリーですが、特に黒いウェアの小柄な選手はとてもうまくタイミングを取ることができています。タイミングの取り方としては、下のように、自 分(ペア)と相手がショットする時と、その間にもステップを入れるようにしています。「足を止めない」ということは、「タイミングを取ることを怠らない」 ということなのですね。

This movie requires Flash Player 9

自分 相手 自分(ペア) 相手
step! step! step! step! step! step! step!

動画のラリーでは、相手の攻撃を何とかしのぎ攻撃に転じている黒ウェアペアですが、最後のネット前からのラッシュをものにできず負けてしまっています。 原因は後衛が前衛に任せたようになり、タイミングを取っていなかったからですね。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
激安スノーピークはこちら!
勝てるダブルス育成DVDの決定版定番!
奇跡のバドミントン上達方法DVD!
バドミントン公認コーチメルマガ
フットワーク練習プログラムDVD
基本ストロークにお悩みの方必見!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*